アイ・コンピュータサービス 千葉県千葉市 千葉

2006年10月 weblog ウェブログ BLOG ブログ アイ・コンピュータサービス 千葉県千葉市 千葉

お問合せ先  メール

ブログ(最新)

ブログ 2006年10月


2006年10月27日  インターネット

ホームページ公開

今週より、新しいホームページを2サイト公開開始しました。

 山田流箏曲 あかつき会:お琴教室
 株式会社 サンキコーポレーション:消防用火災警報器の販売

あかつき会様は、酵素風呂 檜の里様からのご紹介で、アイ・コンピュータサービスでホームページの公開をすると、インターネット検索での問い合わせが増えるよという口コミでのお客様です。歴史あるお琴教室で、大正時代のレッスン風景など興味深い写真も掲載しております。
サンキコーポレーション様は、千葉ノーミ株式会社様と同じ消防設備の販売、工事、点検などを行っている会社ですが、一般家庭にも住宅用火災警報器の取り付けが義務付けられたのを期に、個人や自治会向けに住宅用防災警報機の宣伝を行いたいとのことで、警報機をメインにしたホームページを制作いたしました。
どちらのサイトも、公開1週間で、Yahoo!、Google、MSNの全ての検索エンジンの検索結果に表示されるようになりました。どの検索エンジンも日々進歩しているのですが、最近は、MSNの更新スピードがとても速く、2日で検索結果に掲載されるようになります。どうやってインデックスの更新を行っているのでしょう? また、MSNLive Searchは、GoogleやYahoo!で見つからない情報も見つかる上に、検索結果の総数が少ないので、調べ物がある時に便利です。私もよく使うようになりました。Yahoo!については、以前は検索結果に表示されるまでに1ヶ月程度かかっていましたが、5〜6日程度でランクインするようになりました。Googleより1〜2日余計に時間がかかるとみればいいでしょう。


2006年10月23日  パソコン

パソコン修理、環境設定

パソコンの修理がいくつかありました。
・SONYのVAIOノート、PCG-V505P(PCG-661P)
OSは英語版WindowsXP Professionalでした。以下のメッセージ(英語で)が出ていましたので、DVD-Rにファイル救出後、破損ファイルの修復を行いました。

----------------------------------------------------------------
次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、Windows を起動できませんでした。
\WINDOWS\SYSTEM32\CONFIG\SYSTEM
オリジナル セットアップ CD-ROM から Windows セットアップを起動して、このファイルを修復できます
修復するには、最初の画面で'R'キーを押してください。
----------------------------------------------------------------

英語版のXPがないため、MSDN版のWinXP HomeとProが切り替えられるCDで起動したところ、途中でレジストリエラーが発生し、ブルー画面になってしまいました。仕方がないので、日本語版ののXP Proで起動したところ、無事起動しましたので、ファイルを修復しました。
Google EarthやNortonがエラーを起こしていましたが、Windowsが起動し、ファイルのバックアップが取れる状態でしたので、リカバリーせずにそのままご返却しました。
数日後、また電話があり、自分でリカバリーしてパソコンを使っていたところ、『Operating System not found』のメッセージがでるとのこと。ファイル救出後のディスクチェックでは、セクタエラー等はなかったのですが、ハードディスクがいってしまい、BIOSでも認識しなくなっていました。ファイル救出時にカラカラといっていたので、駄目になってしまったのでしょう。DVD-Rにバックアップをとっておいてよかったです。ハードディスクを交換し、リカバリー後、バックアップDVDから、メールやアドレス帳、お気に入り、マイドキュメントなどを書き戻し、納品いたしました。
イギリスの方だったのですが、帰り際に『日本ではこんなに親切にサービスをしてくれるところが他にもあるのですか? 名刺を下さい』と質問されたので、『うちだけです。』と答えておきました。

・SONYのVAIO(モニタ一体型) OSは韓国語版WindowsXP Homeでした。日本語OSから韓国語OSに再インストールしたところ、音が出ないとのこと。Windows Updateをして、サウンドカードのドライバに!マークがついているだけでしたので、VAIOのサイトから、サウンドのドライバをダウンロードしてドライバの更新を行いました。

・マウスコンピュータ(mousecomputer製) 全く起動しないとのことで、マザーボードが壊れていたのですが、MSI社の865GM2というM/Bで、現在入手ができないので、修理はあきらめていただきました。

Windows を起動できませんでした \WINDOWS\SYSTEM32\CONFIG\SYSTEM


2006年10月13日  インターネット

ハンゲーム/HANGAME でパソコンが固まる。CPU使用率100%(50%)

普通にパソコンを操作している時は全く問題ないのに、ハンゲームを全画面表示すると、マウスがカクカクして動かなくなり、パソコンが固まってしまうというパソコン(パソコン工房組立てのオンラインゲーム用パソコン)をお預かりしました。
CPU負荷をかけても異常はなく、メモリもハードディスクも異常がなかったので、OSかビデオカードのドライバの不具合が原因かと思い、別のハードディスクにWindowsXPをクリーンインストールしましたが、全画面表示してタスクマネージャでCPUの使用率を調べてみると、やはり100%使い切っていました。Hyper-ThreadingのPentium 4(3GHz)だったので、見かけ上1個のCPUの負荷が100%なのですが、CPU2個分(本当は1個)をまとめて表示すると50%の使用率となっていました。しかも、妙なことに、タスクマネージャのプロセス表示では、全ユーザーのプロセスを表示しても、CPUを使用しているイメージ名が見つかりません。
オンボードのビデオ出力で全画面表示でハンゲームをやっても問題ないので、ビデオカードが原因なのは明らかです。AOpenのAeolus GeForce6600GT-DV128AGP(128MB/DDR3/400MHz)のビデオカードだったので、Microsoft公開/AOpen製/nVIDIA製のビデオカードのドライバをバージョンを変えてインストールしましたが、やはり不具合は修正されませんでした。
そこで、マザーボードのBIOSの設定の中で、『AGP Aperture Size(Graphics Apertuer Size と表示されるM/Bもあります)』の値を、ビデオカードのメモリと同じ128MBに変更したところ、全画面表示でも、無事ハンゲームが動くようになりました。
このパソコンは、オンラインゲーム用にパソコン工房で組み立てられ、ネットカフェで使っていたパソコンを、お客様がリネージュ兇鮗宅でするために安く譲り受けたそうです。本当にオンラインゲームが動くかどうか怪しかったので、リネージュ兇茲蠅皀僖愁灰鵑寮能が低くても動くといわれているファイナルファンタジーXIのFFベンチ3(FINAL FANTASY XI for Windowsオフィシャルベンチマークソフト3)をインストールしてみました。低解像度モードで実行したところ、そこそこの値がでてゲームの動作に問題ないはずなのですが、画面描写はガタガタしていたので、やはりこのパソコン、ビデオカードがおかしいようです。しかし、AGPのビデオカードで性能のいい製品は現在販売されていないので、新しいビデオカードに交換することができません。AGP Aperture Sizeの値を変更し、ハンゲームの全画面表示は動くようになったので、そのままご返却となりました。


2006年10月8日  パソコン

ソニーのバイオ(SONY/VAIO)修理

この1ヶ月は、バイオの修理(ファイル救出依頼)が多いです。どのパソコンも、セクタエラーが多数発生し、ファイル破損がひどいので、救出可能なファイルのみの救出&ハードディスクの交換&リカバリーインストール での納品です。
状態としては、OSが起動しなくなり、リカバリーCDからリカバリーを行うと、

『ディスク アクセス : センス操作が失敗しました』
      ↓ OKボタンを押す
『リカバリが正常に完了できませんでした。ユーティリティを終了して再起動します。』

とエラーが表示される、お決まりパターンですね。
昔のVAIOのデスクトップのハードディスクは、Seagate(シーゲイト)製だったのですが、最近修理するVAIOは、ほとんどがMaxtor製です。まあ、SeagateがMaxtorを買収したので、同じ会社なのですが・・・。
そして、巡回冗長検査エラー(CRCエラー)が発生し、ボロボロのハードディスクが多いのが特徴です。
今日は、PCV-RZ50からのファイル救出を行っていますが、この1ヶ月で、一番印象に残っているのは、VGC-M52B/Wです。Mシリーズは、ノートパソコン並みにハードディスクの取出しが困難です。難しいわけではありませんが、とにかくネジが多く面倒なので、できればやりたくない機種ですね。
実は、以前は、ひどいハードディスクの壊れ方をしていたもの(ファイナルデータなどの復旧ソフトで救出できない程度のもの)は、ファイルの救出ができないとして返却していましたが、あまりにも台数が多いので、最近は、ハードディスクのイメージを抽出し、別のハードディスクにコピーして、ファイル救出を行っています。簡単なファイル救出とは、作業時間と内容が大幅に異なるので、料金を改定したしました。

ディスク アクセス : センス操作が失敗しました ソニー/バイオ(sony/vaio)

ページ関連ワード:ブログ,BLOG,パソコン,ウイルス,DVD,ダビング,アイ・コンピュータサービス,千葉県,千葉市,千葉